【実体験】webライターが最短で月5万円稼ぐためにやるべきこと3つ

副業

webライターで5万円ってどれくらいで稼げるようになるの?誰でもできる?

ふるまち
ふるまち

できます。未経験で副業webライターを始めて7カ月で月5万円を稼げました

こんにちは。正社員として働きながら副業でwebライター、ブログ運営をしているふるまち(@furumachiLife)です。

  • webライターに興味がある。未経験でも月5万円は稼げる?
  • webライターの収益が伸びない。月5万円稼げるようになるのはいつ?

と悩んでいませんか。

未経験でも副業webライターとして月5万円を達成するのは難しくありません。実際に、私は知識なしで始めましたが、資格試験の勉強もしながら月5万円の収益を7カ月で達成できました。

本記事では、以下について私の実体験から詳しく解説していきます。

  • 私がwebライターを始めてから月5万円を達成するまでの収益の推移
  • 月5万円稼ぐための作業量
  • 最短で収益アップするために必要なこと

最後まで読めば、月5万円稼ぐまでの道のりがイメージでき、あなたの収益アップに役立つでしょう。

スポンサーリンク

【収益公開】未経験webライターが副業で月5万円稼ぐまで

はじめに、未経験でwebライターを始めた私が月5万円稼ぐまでにかかった期間を紹介します。始めてから4カ月で3万円、7カ月で6万円稼ぐことができました。

  • 1カ月目:2,963円
  • 2カ月目:14,804円
  • 3カ月目:17,291円
  • 4カ月目:30,054円
  • 5カ月目:30,226円
  • 6カ月目:39,031円
  • 7カ月目63,930円

ブログも並行して運営していたり、3カ月目からFP試験の勉強を始めたり、webライター以外にも時間を使っていたため、専念すればもっとはやく達成できたかもしれません。

ふるまち
ふるまち

2〜3カ月で達成するwebライターさんもいます

未経験でも副業webライターで月5万円稼ぐのは難しくない

未経験でwebライターを始めても、月5万円は難しくないです。例として、完全未経験で始めたときの私の状態を紹介します。

予備知識なしだった

webライターとして高単価案件を受注するには「SEO」「専門知識」「文章力」などスキルが必要です(後で詳しく解説します)。

私が始めた時はSEOという言葉の意味も知りませんでしたし、webライターに活かせるような専門知識も持っていませんでした

事前に知識を持っていれば成長は早いです。ですが、まったくの未経験でもwebライターとして仕事をしながら勉強すれば問題ありません。

無理はしていない

睡眠時間を削ったり、趣味の時間を完全になくしたりと極端なことをしなくても月5万円は達成することができました。

もちろん楽勝とは言いません。通勤電車や昼休みにスマホでできる作業をやったり、ダラダラ時間を削ったりと時間の使い方は意識する必要があります。本業以外の時間()をうまく使っていきましょう。

webライターで月5万円稼ぐための作業量

webライターの収益は文字単価×文字数で計算されます。例えば、文字単価1円で3,000文字の案件を受注、納品すれば3,000円(1円×3,000文字)クライアントから支払われます。

月5万円達成したときの内訳

私が7カ月目に5万円を達成したときの内訳は以下です。

  1. 1.2円×300字=310円(360円−手数料)
  2. 1.5円×2,000字×3本=7,620円(9,000円−手数料)
  3. 2.8円×5,000字×4本=56,000円
  4. 合計:63,930円

①300字はリライト案件と言って、既に他のライターが書いた記事に追加で執筆する仕事を受注しています。

①〜②はクラウドソーシングサイト経由で案件を受注したため、手数料が引かれました。

③はクラウドソーシングサイトを経由せずに直接受注。文字数がそのまま収益になります。

5万円達成するための作業例

文字単価1円の案件で達成する場合、5万文字が必要です。

5万文字!無理だ…!

ふるまち
ふるまち

ひとまとめにすると大量だけど1カ月に分けて考えてみよう

5,000文字の案件で考えると、10記事で5万円達成。3日に1記事納品していくペースになりますね。土日に1本ずつ書けば8本。平日は2本書ければOK。

文字単価が1.5円、2円と上がっていくともっと本数は少なくなります。副業webライターは使える時間がより限られるため、作業量を増やすよりも単価アップに注力するのがおすすめです。

月5万円への近道!収益アップのためにやるべき3つのこと

webライターとして収益アップのためにやるべき3つのこと

根気よく続けていれば月5万円達成は難しくありません。が、できるだけ早く達成し、さらに10万、15万円と収益を伸ばしていきたいですよね。

裏技はありませんが、収益アップのために大切と感じた3つのことを紹介します。

SEOの知識を深める

SEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)とは検索エンジン(主にGoogle)経由で集客するための工夫のこと。つまり、あるワードで検索したときに上位に表示されるように記事を作ることです。

webライターの書く記事はSEOを意識したものがほとんど。SEOに強いライターは文字単価が高くなります。

SEOの勉強には以下の書籍がおすすめ。超定番のベストセラーで私もwebライターを始める前に読みました。分厚いですが、ストーリー形式ですぐに読めます。


専門知識をつける

誰にでも書ける記事は単価が低く、特定の人しか書けない記事は希少性が高く単価が上がります。

もし、知識を持っている趣味などがあれば、そのジャンルで高単価の案件を受注できるかもしれません。

  • 投資に詳しい
  • めずらしい資格を持っている
  • 本業に関連する記事
  • マッチングアプリを長年使っていてテクニックなど詳しい
  • お酒やコーヒーなど特定の飲み物、食べ物に詳しい

人より詳しい趣味なんてないよ…

ふるまち
ふるまち

私もありませんでした。それでも大丈夫

詳しい知識がなくても大丈夫です。特定の分野に特化して執筆経験を積む資格を取得する、などによって専門性を深めていくことができます。

簡単に取得できる資格でも、持っていない人より専門性をアピールしやすいです。私の場合は金融系の案件をよく受けていたので、FP3級、FP2級を取得しました。取得後、単価2〜3円のスカウトが増え、応募時もアピールに使えています。

ふるまち
ふるまち

他にも住んでいる地域の紹介記事は住んでいる人しか書けないので単価が高くなる傾向があります。「●●駅周辺の住みやすさ」とかですね

高単価の案件を探し続ける

0.5円、0.7円、1円、1.5円…と現状の案件に満足せず、常により高単価の案件を探し、応募し続けるようにしましょう。

仕事を受注できない期間があると低単価でも定期案件が魅力的に感じるものです。

ふるまち
ふるまち

私の場合、0.2円の後だと0.5円の継続案件は魅力的に感じました。1カ月も経つと0.5円の案件は安すぎて時間がもったいなく感じてしまいます

受注した案件を納品せずに断るのはNGですが、継続の依頼があっても、他により良い案件があればそちらを優先するようにしましょう。

また、単価交渉をするのもあり。私が経験したものでは0.5円で始めた案件が2円までアップしました。単価交渉はある程度の継続してからが前提になるので、初めのうちは新しい案件を探すことを優先しましょう。

webライターで月5万円を目指すときの注意点:初月は厳しい

初月から月5万円稼ぐのは難しいので注意してください。webライターで月5万円稼ぐのは簡単!難しくない!誰でもできる!という記事が多く、勘違いしてしまいがちです。

確かに誰でもできますし、難しいことではありません。が、それは「継続しつつ、スキルアップしていけば」ということ。私の場合、webライターに専念しても4カ月目が最短だったかなと思います。

ふるまち
ふるまち

持っている専門性や知識によってもスピードは違います。法律、医療、金融など単価の高いジャンルの専門家なら可能性あり

すぐに稼げるうまい話はそうそうありません。稼ぎやすい副業ではあるので、継続して頑張っていきましょう。

副業webライターを始めて月5万円の収入アップを目指そう!

webライターとして月5万円稼ぐのは難しくありません。

私が月5万円稼げたのは7カ月目。専門的な知識はまったく持っていませんでしたので、未経験でも大丈夫です。ですが、初月から達成するのは未経験では難しいでしょう。

月5万円をはやく達成したいなら以下が重要。

  • SEOの知識を深める
  • 専門知識をつける
  • 高単価の案件を探し続ける

仕事を受注しながら、スキルアップしていくことで5万円、さらに10万円と収益を伸ばしていくことができるでしょう。

webライターの始め方は以下の記事で詳しく解説しています。副業webライターを始めて、月5万円を達成し、年間60万円の収入を増やしましょう!それでは。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
副業
スポンサーリンク
ふるまちをフォローする
ごまんえつLife

コメント

タイトルとURLをコピーしました