webマーケティング業界への未経験転職に役立った転職エージェント5選

webマーケティング業界に転職したい!エージェントはどこを使ったらいいの?

未経験だから業界研究や転職活動をサポートしてほしい。エージェントがおすすめって聞いたけど実際どう?

ふるまち
ふるまち

webマーケティング転職にはエージェントの利用がおすすめ。30代、未経験でもエージェントを使って転職できました

こんにちは。30代、未経験でwebマーケティング業界に転職したふるまち(@furumachiLife)です。

webマーケティング業界への転職にエージェントを使うべきか悩んでいませんか?使うと決めてもエージェントの数が多く、どこに登録すれば良いかわからないですよね。

利用した実感も踏まえて、私がおすすめするエージェントは以下3社。

doda
求人数が多い、紹介してくる求人の精度が高い、担当者の対応が親身と全体のバランスが良い。個人的には1番使ってよかったエージェント。
リクルートエージェント
業界No.1、圧倒的な求人数が魅力。webマーケティング業界の求人も多く、事業会社、支援会社、未経験、経験者採用まで幅広い。担当者が持っている情報も豊富。
マスメディアン
広告、web、クリエイティブに強い特化型エージェント。業界への強いコネクションを活かした独自の求人が魅力で、webマーケティング業界を目指すならぴったり。

転職エージェントは業界について教えてくれたり、書類添削・面接対策をしてくれたりと転職活動の強い味方です。私もエージェントを利用して、webマーケティング業界から内定を獲得することができました。

本記事では以下について実体験から解説していきます。

  • 転職エージェントの選び方
  • おすすめの転職エージェント
  • 転職エージェント利用のメリット・デメリット

ぜひ最後まで読んで、エージェントの有効活用、選び方を知り、内定獲得にお役立てください。

スポンサーリンク

webマーケティング転職でのエージェントの選び方

転職エージェントの選び方

はじめに、私がエージェントをwebマーケティング転職で使ってみて、おすすめと感じた選び方を消化します。

総合型と特化型どちらも登録しよう

エージェントは複数登録がおすすめです。1つだけだと担当者の考えや知識の偏りに影響を受けてしまいます

エージェントにはどの業種も幅広く扱う「総合型」と業種に特化した「特化型」の2つがあります。

業種が決まっていても、どちらも利用するのがおすすめです。総合型エージェントの幅広い視点とwebマーケティング特化型エージェントの専門的な視点、どちらからもサポート受けることで偏ることなく転職活動を進めることができます。

利用は3〜4社がおすすめ

総合型、特化型、登録は1社ずつでいいの?

ふるまち
ふるまち

私は総合型2つ、特化型2つの合計4つのエージェントを使いました

私は4社登録しましたが、使いこなせるのは3社が限界と感じました。

エージェントを使った転職では良い担当者に出会えるかが重要です。総合型2社、特化型1〜2社に登録してみて、担当者と紹介された求人を見比べてメインで使っていくエージェントを選ぶことをおすすめします。

webマーケティング転職におすすめなエージェント5選

以下ではおすすめの転職エージェントについて解説していきます。

dodaリクルートエージェントマスメディアンワークポートマイナビクリエイター
種類総合型総合型特化型総合型特化型
公開求人数129,147件175,460件3,794件52,549件3,820件
「webマーケティング」
公開求人
1,738件1,829件83件798件193件
おすすめ度
(5 / 5.0)
(4.5 / 5.0)
(4 / 5.0)
(3 / 5.0)
(3 / 5.0)
特徴・感想業界No.2
親身な対応
求人数は最多
業界No.1
広告、web、クリエイティブに特化親身な対応
IT、webに強い
web、ゲーム、IT業界に特化
公式HP公式HP公式HP公式HP公式HP公式HP
※2022年3月時点の検索結果
ふるまち
ふるまち

3社選ぶならdodaリクルートエージェントマスメディアンがおすすめです

doda

dodaのトップページ

dodaはリクルートエージェントに次ぐ業界No.2の総合型エージェント。転職者満足度がNo.1。個人的には1番使ってよかったエージェントです。

  • 求人数が多い
  • 紹介してくる求人の精度が高い
  • 担当者の対応が親身

エージェントによって紹介してくる求人が希望の求人ではなく、転職できそうな求人が多いところもありました。dodaは「ずれてるな…」と感じる求人がほぼなかったです。

担当者は親身に対応してくれます。こちらから相談しなくても面談の日程を定期的に提案してくれたり、面接前には過去の面接情報を踏まえた対策をしてくれたりと転職成功のために二人三脚でがんばってくれました。

あえて気になったことをあげるなら私の担当者はwebマーケティング業界にそこまで詳しくなかったこと。紹介求人にずれはなかったので問題ありませんでしたが、業界研究については特化型も登録してよかったと感じました。

リクルートエージェント

リクルートエージェントのトップページ

リクルートエージェントは業界No.1の総合型エージェント。圧倒的な求人数が魅力です。

webマーケティング業界の求人数も多く、事業会社、支援会社、未経験、経験者採用まで幅広いです。「あの企業の求人はあるだろうか…?」と検索するとたいていヒットします。

担当者が持っている情報も豊富で間違いなくおすすめのエージェントです。

気になることをあげるならサポートが少しドライなところ。担当者から面談の提案や面接練習の提案はありませんでした。最初の面談もていねいで、転職活動中も相談すればなんでも答えてくれたので特に問題はなかったですが、添削や面接練習でしっかりブラッシュアップするために他のエージェントの併用がおすすめです。

マスメディアン

マスメディアンのトップページ

マスメディアンは広告、web、クリエイティブに強い特化型エージェント。運営はマーケティング・クリエイティブ関連の専門誌を発行する宣伝会議のグループ会社です。業界への強いコネクションを活かした独自の求人が魅力。

担当者もwebマーケティングについての知識が豊富です。業界の最新動向や業界ならではの対策が学べるため、webマーケ転職の特化型エージェントなら1番おすすめ。

ワークポート

ワークポートのトップページ

ワークポートはもともとIT業界に特化したエージェントでした。現在は取り扱う業界を広げ、総合型のエージェントとなっています。

ワークポートにしか取り扱いのない求人もあり、サポートも親身なため登録しておいて損はありません。

マイナビクリエイター

マイナビクリエイターのトップページ

マイナビクリエイターは大手マイナビが運営するweb、ゲーム、IT業界に強みを持つ特化型エージェント。登録するとポートフォリオ作成ツールが無料で利用できます。

担当者の対応も親身でwebマーケティングについても詳しかったです。

webマーケティング転職にエージェントを使うメリット

転職エージェントを使うメリット

私が感じたエージェントを使うメリットを紹介します。エージェントを使うのが初めての方は参考にしてみてください。

業界について教えてもらえる

転職のプロの視点で業界について詳しく教えてもらえました。

転職するなら業界研究は必須。変化のはやい時代だからこそ業界の将来性を調べてから転職活動をしたいところ。

私は最初の面談で以下のような質問をしています。

  • 自分の経験でwebマーケティング業界に転職できるか
  • webマーケティング業界の求人は多いか
  • webマーケティング業界から転職する人はどこにいくか
  • 転職後のキャリア
  • 年収帯
  • 自分の職種から転職する人はどんな業界にいくのか

気になることはすべてリストアップしておいて、初回面談で聞くのがおすすめです。

エージェントが必ず正しい答えをくれるわけではありません。「自分でも調べること」「複数のエージェントに同じ質問をすること」で効率的に情報収集ができます。

書類や面接などサポートを受けられる

エージェントは書類の添削や面接練習をしてくれます。

自分では問題ないと思っていた書類も「数字情報を入れた方が良い」「話を展開する順番(興味をもったきっかけ→現職ではできない→だから業界を変える)」などいろいろアドバイスをもらいました。

面接練習も企業の過去の採用傾向を踏まえて、電話、web面談で練習に付き合ってくれました。

過去にエージェント経由で同じ求人が出たことがあれば、面接でどんな質問があったか、どのような点が重視されるか、などを教えてもらえます。対策も手伝ってくれるので普通に応募するより準備は格段にしやすいです。

また、エージェント経由なら「履歴書」「職務経歴書」「推薦文(エージェントが作成)」で応募できます。つまり、企業ごとに志望動機を考えたり、指定の応募書類を準備する必要がありません。転職活動は効率よく動けるかが大事なので助かります。

ふるまち
ふるまち

面接では志望動機などは必要になるので、予想外に書類が通過してしまうと企業研究や志望動機の準備で大変。パンクしないように面接を断るのもありですね

希望に沿った求人を紹介してもらえる

未経験でwebマーケティング業界に転職する場合、どの企業を受ければよいかも判断が難しいですよね。

ふるまち
ふるまち

知っている企業が多ければ、そこから受けていけば良いです。私は3社ほどしか知らなかった…

エージェントは最初に希望を伝えれば、希望に沿った求人を厳選して紹介してくれます。自分で求人検索もできますが、探す手間が省けるのはメリット。そして、知らない企業とも出会えるので転職活動の幅が広がります。

webマーケティング転職でエージェントを使うときの注意点

エージェントはメリットが多いですが、注意点もあります。

  • 担当者に当たり外れがある
  • 扱っていない求人がある

私がwebマーケティング転職をしたときに感じた、エージェントを使うときの注意点、デメリットを実体験から解説します。

担当者に当たり外れがある

1つ目のデメリットは担当者に当たり外れがあることです。

  • 性格が合わない
  • webマーケティングの知識がない
  • 推薦文の質が低い

どこのエージェントでも少なからず当たり外れがあるので、複数のエージェントに登録しておくべきです。また、合わないと思ったら担当者を変えてもらうのもありです。

ふるまち
ふるまち

連絡すれば担当者は変えてもらえます。エージェントによっては定期的にアンケートメールが届いて担当者変更希望を出せるところもありました

扱っていない求人がある

希望する企業の求人を扱っていない可能性があります。エージェントによって扱う求人は異なるので、複数エージェントに登録して求人に応募するのがおすすめです。

また、気になる企業があるなら企業のHPから直接応募もしていきましょう。

転職エージェントを使ってwebマーケティング転職を成功させよう

エージェントはwebマーケティング転職成功のための強い味方です。業界研究、書類添削、面接対策と転職をトータルサポートしてくれます。実際に私もエージェントを使って未経験、30代でwebマーケティング業界に転職することができました。

おすすめの転職エージェントは以下3社。

エージェントに登録するときは幅広い求人を扱う「総合型」、特定の分野に強みをもつ「特化型」の両方を活用しましょう。1社の登録では担当者の当たり外れ、考えの偏りに影響を受けてしまうため、3〜4社は登録するのがおすすめです。

エージェントをうまく使ってwebマーケティング転職を成功させましょう。それでは!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
webマーケティング
スポンサーリンク
ふるまちをフォローする
ごまんえつLife

コメント

タイトルとURLをコピーしました